golf-girl2

フェアウェイとラフに注意

ニアレストポイントをしっかりと決め、ドロップした場所は、ラフでしたが、すぐ横はフェアウェイでした。

この場合どうする?

ルール通りの間違いない方法でドロップし、ボールが止まった距離もルール的になんの問題もありません。

ただ、ラフからフェアウェイに転がりでました。

この場合どうなるでしょうか?

ルール上は、ラフもフェアウェイもスルーザグリーンという呼び名で扱われます。

スルーザグリーンでの救済は、スルーザグリーンにドロップしなければなりません。

スルーザグリーンでドロップする場所が無いからってグリーン上にしたり、バンカーにドロップしたりは出来ません。

そしてドロップのルールやニアレストポイントのルールをしっかりと守っていれば

ラフからフェアウェイに出せても何の問題も無いんですよー。

気をつけてくださいー。

バンカーショットのレッスン

少しバンカーのレッスン行って見ましょうか。

バンカーショットは、コックを使って打ち込み、しっかり砂を取る…

と思ってますか?

それでうまく行ってるならオッケーですが

そうでない方は、ノーコックで払うように打って見てください。

そしてインパクトでは、おヘソのシャフトとボールが一直線になるようにイメージしてください。

これはあまり遠いバンカーでは使えませんが、

10メートルとかくらいなら、結構上手くよるでしょう。

コック使いすぎると、深く入ったり直接ボールに当たったりと

かなりの技術が必要です。

手首を固めて、払うように。

そしてインパクトでは、おヘソとシャフトとボールが一直線になるように。

バンカーで悩んでる方は是非お試しをー。

おススメゴルフレッスン

自己流でどうしてもうまくならない方は、プライベートレッスンがおススメ!

レッスン前と比べて、こんなに差が出るものかと感心される方が多いんですよ♪

口コミが広がって、そして、自分も是非レッスン受けてみたいって方が多いんですね。

まあ、そうなりますよねー。

このレッスン受けたらよくなるって言うのは、確かですが

レッスンを受ける先生をまず選ぶ事が大事です。

教えて貰えば誰でもいいって訳じゃないっす。

ライザップゴルフ 天王寺が人気なのは・・・

1、少ないポイントだけを指摘してくれる。

2、なぜその指摘をしたかの質問に答えられる。

3、生徒によって言う事が同じではない。

これに、メンタル面の事も説明出来るようなプロがいるからです。

そして何よりそのプロと話ししてて楽しいかって事です。

真面目にレッスンだけでは、息もつまってしまいますし

楽しくないと続きませんよね。

そんな先生に出会ったら、ジャンジャン通って秘密を沢山聞いてください。

話す時間が長ければ、秘密が出てくる数もおのずと増えますよー。

この秘密も、別にワザと黙ってるんじゃないんですよ。

ただその時に思い出さないだけなんです。

でも秘密は、沢山ありますし聞いたら、ヘェ~って事が山盛りです。

是非あなたもいいレッスンの先生を探してみてくださいー。