golf-girl5

ゴルフルールの救済措置をもっと詳しく!

楽しんでゴルフ出来るのが最高ですが、ルールって大事ですよね。

もちろん、初心者の方はまず楽しみましょう。

でも、有る程度の実力がつき、ハンディキャップを取得して

クラブ競技に出場するようになれば、やはりルールを知らないと

損をしますし、自信を持ってプレーできないですよね。

なかなか文章だけで伝えるのは難しいですが、簡単な事だけ行ってみましょう。

コースに出て一番多く出会うルールの問題が、カート道や排水溝、スプリンクラーなどから

避けるための救済では、ないでしょうか?

ボールにたどりついて一番初めにすることは、その障害物をさけられて、

なおかつピンに近づかず、構えて一番近くのクラブヘッドの位置に

ティなどでマークしてください。

この時にボールは、置いたままでいいです。

この時のマークした位置を、ニアレストポイントと呼びます。

このニアレストポイントを決める作業が一番迷うところでしょう。

そして、そのマークからピンに近づかない半径ワンクラブいないの地面にドロップします。

ドロップとは、自分の肩の高さからボールを手放し、自然に落下させることです。

この時に投げたり、変に回転をかけたりすると、違反になりますので気をつけてくださいね。

そして、その半径に落ちたボールが落ちた場所からクラブ二本以内で、

なおかつ、先ほどのニアレストポイントよりピンに近づいて無いこと。

この時、結構勘違いが多いのは、ニアレストポイントからクラブ二本以上転がったら、もう一度ドロップと

思ってらっしゃる方が多いですが、ボールが落下した地面のポイントからです。

ニアレストポイントからでは、ありません。

そして、二回目のドロップしても、その規定の範囲から出てしまったら、

最後にドロップして、落ちたポイントに置く事ができます。

とまあ、慣れてくればなんてことない作業なんですが、

実際やってみないとわからないですよねー

ルールを知っておくと、気持ちにも余裕を持ってプレーできますから、

この機会にライザップゴルフ 南越谷などで勉強しときましょう。