ゴルフ服装

冬の服装プレー中の服装のマナーやユニクロの利用法など!

普段早起きが苦手な人でも、ゴルフコースへ出掛ける日だけはすっと目が覚めてしまう、それが例え冬の寒い朝でも。

ゴルフに夢中な人あるあるの一つですね。まさに遠足の日の小学生状態です。
さていくら楽しいゴルフでも、冬のゴルフ場の寒さは厳しいものがあります。

ゴルフ場のある場所を考えてみると当然です。大抵山あいや、海の近く、河川敷など、自然環境の厳しい場所にありますよね。

そこで冬にゴルフをプレーする場合の服装対策について考えてみましょう。

ゴルフ 冬の服装


自分の実体験上、冬季期間のゴルフは地方や環境にもよって違いが大きいと思いますが、ゴルフウェアがどうしてもかさばってしまいます。
もちろんですが寒いので体が上手く動かないのは、皆様方も一緒であると思います。
自分のお勧めはゴルフウェアをファッションの一部として楽しんでプレーする事もゴルフの醍醐味だと思います。

ゴルフは野球やサッカーとは違い、ユニホームがある訳でなく個人個人の特徴がだせて、アピールが出来る事がすごい魅力であると思います。
走ったりするわけでもないので、ウェアの乱れも他のスポーツと違い少ないと思います。

ウェアは機能性を重視するか、ファッション性を重視するか、又は機能性、ファッション性を半々で採るかの3択になると思います。

ゴルフのプレー中の服装 冬の基本


寒いからといって何枚も着込んでしまうとスイングの妨げになってしまいます。

またラウンド中は動き回ることで暑くなってしまうこともあります。動きやすく、脱ぎ着な楽なレイヤードを考える必要があります。
アンダーウェア、中間着、アウターの3つに分けると考えやすいです。
アンダーウェアは速乾性のある化繊かウールのものが良いでしょう。

素材が綿だと、汗冷えしてしまいますので避けた方が無難です。下半身もスパッツを着用するなど、上下での使用をおすすめします。
中間着はフリースやウールなどの速乾性と保温性のあるもの。
アウターはダウンベストだと動きの邪魔をせずおすすめです。
これでも寒い時は風対策も兼ねて薄手のウインドブレーカーがあると重宝します。コンパクトにたたむことができるので持ち運びも楽です。
またニット帽で頭を暖かくすることも忘れずに。耳までカバーできるタイプがオススメです。

あとはカイロをポケットに忍ばせておくと良いですね。ゴルフ場によってはコースへ出る前に配っているところもあります。

ゴルフ 冬の服装のマナーは?


ゴルフはスポーツの中でもマナーは一番と言って良いほど厳しいと思います。

私の意見ですとファッション性を主に重視してウェアを選ぶのが一番楽しいかと思います。
ゴルフは歩いてラウンドを周るので、体も少しは温まってくると思います。コンペなどでは、ファッション性重視型は特に目立てて、存在感を抜群にだせると思います。

しかし、接待ゴルフを経験の方も多いと思いますが、その時だけは臨機応変になるべくベーシックな感じで、機能性を重視した方が良いし接待時の服装のマナーでもあると思います。
ゴルフウェアは数年前くらいから、普段着でも着れる様にデザインもすごく年々進化していますので、何着かは持っていても困るものではないと思います。

私のお勧めは何着か持ってゴルフを楽しんでいただきたいと思います。

ゴルフの服装まとめ


以上冬のゴルフの服装対策でした。
多くの方はユニクロなんかでインナーを買う方が多いようです。中なので見えませんしユニクロには防寒に優れていて、しかも薄い素材のインナーがたくさんあります。
また男の方でも女性の方でも多くのインナーが置いていますので、ユニクロのメンズとレディース売り場共に冬はヒートテック素材のアンダーウェアが置かれています。
まずはユニクロでアンダーウェア、その後はご自分の好きなお洒落なブランドでアウターを買われるのがよいでしょう。

ライザップゴルフ 広島などで買うのも良いかも知れませんよ。